勇気ある1人の少女〜ニカラグア女子野球3〜

IMG_7923.jpg
前回は小中学校で女子に野球を教える所まで話が進みました。
2週間が過ぎたある日、1人の少女が私が指導している野球アカデミーに従兄弟と一緒に来ました。
「一緒に練習できる?」
彼女は私が野球を教えていた学校の生徒で、授業はまだ受けていなかったものの野球をやりたくてやってきました😃
最初は恥ずかしそうに男の子と一緒に野球をやっていたんですが、競争になると負けん気が強く、負けては泣いてました
彼女の名前はミッチェル(Michell)で13歳でした。
彼女は8人兄弟で、兄弟によってお父さんが違うという日本ではあまり見られない家族です!(ちなみに3人のお父さん)
日本では核家族が一般的ですが、ニカラグアでは大家族が普通です!
IMG_0255.jpg
大家族であるニカラグアは「助け合い」が家族同士で普通に行われます。
姉が遊びに行くから妹が姉の子供を見る、お母さんが出掛けたからおばさんが料理を作るなど柔軟性にたけています
ミッチェルもそのような家庭で育ってきたので、練習が終わったらその内容を家族に話し兄弟を練習に連れてくるといった良いサイクルになりました
IMG_0446.jpg
ミッチェルが練習に来て1ヶ月、SNSや口コミでメンバーを募集しました!!
私の活動内容に「女子野球」は1ミリも無かったことですが、ミッチェルの練習態度に影響されました
何故だか「逆境に立つ人」を応援したくなるのは人間の本能ですかね、、、野球の試合でも負けているチームを応援したくなる性格です
女子野球の生徒は少しづつ増えていきました!
今でも覚えているのは、
「今日何人来ると思う?」
「10人から連絡きたよ!」
練習開始の時間になる。
2人しか来ていない、、、、、、、、、、、
1時間後、
1人増えて3人に、、、、、、、、、、、、
そして練習終了。
ニカラグア人の特徴として「勢いとノリが良い」
だから簡単に信じてはいけません!笑
生徒「明日の練習に参加させてほしい!!!!」
自分「わかった!!2時にスポーツ庁に来てね!!」
生徒「野球をやる環境をずっと探してたんだ!!翔太に感謝してるよ!!」

結局練習に来なかった、、、、、、、、
こんなことは当たり前です。
こんな感じで始まったニカラグア女子野球です
IMG_1096.jpg
私がU-18の世界大会でカナダに行っている際にも彼女達で練習を行い、メンバー集めも行なっていました。
今思うと彼女たちも今までなかったニカラグア女子野球が形になっていくのが楽しかったんだと思います
IMG_1565.jpg
U-18の時の写真です。
今ではこの2人もメジャー球団と契約して頑張っています!!
IMG_1816.jpg
そして自慢の1枚!清宮選手と!!!
IMG_1966.jpg
「ニカラグア女子野球」
なぜ女子野球?と聞かれた時にある女子選手の言葉が思い浮かびます。
「周りから言われたんだ。女性は子供を産んで、家の仕事に従事しなければいけない」と。
世界的に見ても男尊女卑が強く残るニカラグアでは女子が野球をする概念がありません。
むしろスポーツをすることすら”醜い”と言われる時があります。
IMG_2289.jpg
社会的、経済的な理由が関係しているかもしれませんが、目の前で野球を学びたい!と言っている子を放っておくことはできませんでした。
こんな思いから始めたニカラグア女子野球には強い思いがあります。
今後の進路を決める際にも彼女たちに夢を与えられる活動をしていきたいと思います
IMG_1975.jpg
次回の内容は、「初の!!!!!」です

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる