LOVEが作る”ラテンアメリカ野球” 青年海外協力隊 ニカラグア野球

iuBgc6itTLijHbq0+odJ%w.jpg
ニカラグアの状況は一向に良くはなりませんが、私が進めている「ニカラグア女子野球」はリーグ戦が始まり、私たちも初戦を無事迎えることができました✌✌
初戦は前回王者のチームで、1勝1敗と良い試合をすることができました🐶
まだまだやらなくてはいけないことはたくさんありますが、彼女達の自信に繋がったと思います😃
そこで私は自分のチームの監督をやらせてもらっていますが、日本でも監督をやった経験が無いにもかかわらずニカラグアで行っています😃
言葉、文化、環境が違う中で初めての経験をさせてもらってることに感謝しなければなりません✊
「日本野球」と「ニカラグア野球」の違いって??
私が思いつく範囲で書かせていただきます。
1、審判
日本では小さな頃から審判を敬うよう教育されています。また、審判が間違ったジャッジをすることが多くありません。
しかし、ニカラグアでは毎試合かなりの確率で明らかなミスジャッジがあります。
また、審判を敬うという考えが無いため、審判のジャッジで文句を言う人がすごく多いです。負けた理由が審判になることが多いです。
審判の地位がかなり低いのが特徴的です!!!
ここで学んだことが良い点、悪い点とあります。
日本人は”どうせ無理、審判が絶対だから”と教育されすぎて”可能性を捨てている”気がしました。
野球に限ったことではありません。ここニカラグアでは”絶対に無理”と言うことが無いように感じます。
まずは自分の意見を主張して実現するために行動してみないとわかりません✊
その度がすぎることが悪い点です。
相手へのリスペクトが無くなったら崩壊です。ニカラグアでは試合中に審判が抗議に嫌気をさして放棄することもあります。
その多くは相手へのリスペクトが無く自分の主張だけをしてしまったパターンです。
”限度” ”プライド” などが無いのも問題ですが、振り切れている人が自分の思ったことを実現する人なのかなと思いました😃
今、”これは無理だろう”と勝手に自分で決めてしまったあなた!!本当に実現したいなら何か方法はあるかもしれませんね😃
2、お客さん
日本では野球を見ているお客さんって静か?ですよね?(応援を除く)
選手のプレーの邪魔にならないように、などと考える人が普通だと思いますが、ここニカラグアは違います🎵
自分が応援している選手がミスをするとすごい勢いで罵声を言います!!逆に良いプレーをすると跳ね上がります!笑
すごく感情的というか、見ているお客さんが”選手のように試合を楽しんでいる”気がします😃
度が過ぎてるのは”選手の邪魔をする”ことです😵
そこまでいかなければ球場で本気で楽しむことを知っているのはニカラグア人なのかな?と思います😃
3、父兄
ニカラグアの父兄さんはすごく勢いがいいです👊
”娘を何で試合で使わないの?”と抗議に来ることもあります💧
大変なのは試合中です。
試合中に少し野球を知っている親が勝手に娘を呼んで変なアドバイスをすることです💧
結果を残すために過程を積んでいる時にやられると一気に崩壊します、しかも試合中にです💦
日本ではこんなことありません。私が知る限りではです。
最終的には勝てば何も言わないので私は何も聞こえないフリをしています💦笑
しかし、ここで学ぶこともたくさんあります😃
1番学ぶことは”愛”です。
ある指導者に言われた言葉です。
”もっと子供達を信じてあげて”
私の意見としては練習の中で見て、試合で試すというアンパイな策をとってしまいがちです。
しかし、その言葉を信じて使った選手が試合で結果を残しました✌
その事が起きてから、試合で試すこともありなのかな?と引き出しの一つとして持つことにしました🐱
FvvIGGvSTdi6GE%fsMY65A.jpg
この写真は14歳の少女が自分のプレーに納得できずに泣いていたらお姉ちゃん達が寄ってきて抱きしめていました😃
言葉をかける前に抱きしめる、そんな文化が大好きです💕
愛があるから子供達のために監督に抗議できる、言ってしまえばやり方がストレートです😃
その性格が私には合っています❤❤
seesaa_profile_icon
ニカラグアに来て野球を教え、野球を通して様々な経験をさせてもらっています🌕
試合中は攻撃されながら毎回頑固になって自分の軸を変えないよう頑張ってますが、たまに折れます😵
明日は2試合目です!!!!
彼女達のどんなプレーが見られるか楽しみです😃
sn46iNMjQ8SwutiMKgQIjg.jpg

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる